Home › Monthly Archives › 4月 2013

[映画]シュガー・ラッシュ(3D吹替版)

「アバター」から本格的に始まったと言える映画の3D上映ですが、今まで観たことがありませんでした。そろそろ体験しておきたいと思っていた時、評判の良い「シュガー・ラッシュ」に3Dという選択肢があったので選んでみました。

3Dは目が疲れやすいこともあり、洋画であれば自動的に吹替版のみになるようです。ただ元々「シュガー・ラッシュ」に字幕版は存在しないらしく、3Dでなくともタイトルから書き文字までがっちり日本語ローカライズされた吹替版のみとなっています。

それでどうだったかと言うと「本当に面白かった」です。特に80年代ゲームセンターに通ったり、90年代前半くらいまでファミコン・スーパーファミコン・メガドライブ・サターンなんかで遊んだ世代は魂が揺さぶられる度合いも大きいんじゃないかと思います。

直し屋フェリックスが主人公のゲーム「Fix-It Felix」に登場する壊し屋ラルフ(悪役)が、自分を冷遇したゲーム世界の仲間に一目置かれたくて、殊勲の証とも言えるメダルを求めて他のゲームに参入したことから、彼の想像を超えた大問題が起こります。

レースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界に住んでいる、バグ(不具合)持ちのせいでやはり仲間から厭われている少女ヴァネロペとラルフが出会うことでお互いはどう変わって行くのか。

たくさん張られた伏線が見事に回収されていくのにもスカッとすること間違いなしです。美麗でリアルな質感を持ったダイナミックなCGアニメは説得力満点、3Dで初めて観る作品としては最高だと思いました。ディズニー作品はDVD/BDの特典映像がとても充実しているらしいですが、これは是非劇場で観てほしい作品です。

そうそう、ヴァネロペの演技はとても上手なので(天才現役中学生声優・諸星すみれ)、「字幕版じゃないと…」という不満や不安は無用です。

おすすめ度:★★★★★
満足度:★★★★★
アーケー度:★★★★★

※最高★★★★★の5段階